餃子を焼いたあとを簡単に

誰でも簡単に作れる餃子のレシピです。白菜、ニラ、長ネギと、冬野菜がたっぷり摂れて安くて栄養満点です。

簡単にできる餃子レシピ

餃子を焼いたあとを簡単に 安い材料を使って簡単にできる餃子のレシピを紹介します。まず用意する材料ですが、餃子の皮、合いびき肉、白菜、ニラ、長ネギです。調味料は、醤油、砂糖、塩、ごま油があればOKです。まずは白菜とニラを長ネギを、フードプロセッサーにかけてみじん切りにします。みじん切りにした野菜の中の水分をよく切ったら、そこに調味料すべてと、合いびき肉を投入し、手でよくこねます。粘り気がでるまでこねるようにします。この出来上がったたねは、冷蔵庫で2時間ほど寝かせておけば、餃子の皮につつみやすいほどよい固さになります。

餃子の皮で包むときには、スプーンをつかってたねすくって皮におき、皮の縁に水を適量指で塗って、皮のはじのほうから「ひだ」を作って閉じて行きます。最初はうまくいかなくてもコツを掴めばうまくひだがつくれるようになります。焼くときにはフライパンにごま油を敷き、餃子を並べて強火で焼き色を付けてから、水を餃子の三分の一が浸る程度に入れて、蓋をして中火で焼きます。水分が残り少なくなってきたら蓋を取り、残った水分を飛ばします。餃子がフライパンにくっついて上手く取れないときは、水で濡らして絞ったふきんの上にフライパンを乗せると餃子が剥がれやすくなります。

Copyright (C)2017餃子を焼いたあとを簡単に.All rights reserved.