餃子を焼いたあとを簡単に

料理が苦手な人でも簡単に作れる餃子レシピ。包み方と焼き方に気をつければ美味しい餃子が出来上がり。

美味しくて簡単な料理といえば餃子

餃子を焼いたあとを簡単に 料理をあまりしない人にもおすすめの料理が餃子です。餃子が嫌いだという人はあまり聞きません。国民食と言ってもいいほどの人気料理です。その上作り方もコツさえつかめば簡単です。中の具材をさまざまにアレンジできるなど、レシピに幅を持たせられるのもうれしい料理です。

もっともポピュラーな餃子の材料は次の通りです。餃子の皮、キャベツ、ニラ、合い挽き肉、にんにく、しょうが。野菜と挽き肉の割合はお好みでいいと思いますが、けっこう大目に野菜を入れると美味しくなります。私のおすすめは肉1に対し、野菜2といったところでしょうか。野菜を入れる方がジューシーになり、また味も複雑になります。作り方はショウガやにんにくを細かく刻み、キャベツとニラも細かくみじん切りにします。それらを惹き肉と一緒に手で混ぜ合わせ、醤油、ごま油、塩少々で味付けします。ここで少量の水を入れたり、ラードを入れたりするとさらにジューシーになります。餃子の工程でもっとも慣れが必要になるのが皮で具材を包む場面です。慣れるまでは多少見栄えが悪くてもいいので、隙間のないように半円状に包みましょう。そして次が焼きの工程です。サラダ油を敷いたフライパンに並べ、弱火で焼きます。餃子の底が軽くきつね色になってきたらお湯を餃子の背丈の半分ほど入れ、蓋をします。蓋は少しだけ空けて蒸気の逃げ道を作ってください。強火で一気に水分を飛ばせば完成です。焼き方はこの方法がもっとも簡単だと思います。

Copyright (C)2017餃子を焼いたあとを簡単に.All rights reserved.