餃子を焼いたあとを簡単に

餃子を生地やタネから作るのは少し大変ですが、市販のものとは一味違う餃子ができてとても楽しいです。

餃子の簡単な作り方について

餃子を焼いたあとを簡単に 餃子はとても美味しいので簡単に作る方法があれば作るのですが如何せん料理をする時間が取れないためお惣菜の餃子や蒸し焼きにする前のほぼ完成した状態の餃子を買うことが多いです。私が餃子を作らないのはどう考えても時間が足りないのが悪いのですが、もう少し生活に余裕があってあまり時間のかからない餃子の作り方があれば自分で一から餃子を作ってみても良いかなとは常々思っています。餃子のタネを作るのはもちろんですが、皮の部分も生地をこねるところからやりたいです。市販の餃子の生地は薄くてお店で売っている餃子のような出来になるのですが、自分で生地を伸ばして好みの固さや厚さにして食べるのも美味しいと思います。

ちなみに、実家は農家ですが小麦は作っていませんし、酪農もしていません。しかし、米を作っており、最近は米粉で小麦粉を代用する時代になったので、もしかしたらそこから作ることもできるかもしれません。また、採卵用の鶏がいるので屠畜して使うのも一つの手段のような気がします。しかし、現実的に考えて生地をこねたりタネを作ったりするところから始めると考えると、私がまずやるべきことは餃子のタネに使われる具材と小麦粉を購入することだと思います。そこからは自分の直感を信じて作ろうと思います。下手の考え休むに似たり、と言うように初心者は考えるより行動したほうが上達します。

Copyright (C)2017餃子を焼いたあとを簡単に.All rights reserved.