餃子を焼いたあとを簡単に

餃子は我が家の子供たちに人気のレシピの一つなので、定番メニューとして度々食卓に登場します。

我が家の定番の餃子の作り方について

餃子を焼いたあとを簡単に 餃子は我が家の子供たちに人気のレシピの一つなので、月に1回ぐらいのペースで晩ご飯のメニューとして登場します。薄力粉を使用することによって自分で簡単に餃子の皮を作ることができますが、皮から作ることに対しめんどくさく感じる場合は、市販の皮を使用してもすごく美味しい餃子を作ることができます。使用するひき肉は主に豚がメインとなりますが、合挽肉を使用しても味に問題なく食べることができるため、私自身自宅にある食材で常日頃から作るように心掛けています。

我が家では使用する野菜は主にニラやキャベツですが、色々な食材を組み合わせることも可能なので、気軽に作ることができるメニューです。野菜を細かくみじん切りすることにより、必要な調味料とひき肉と一緒に練ったときにすごく練りやすくなる印象があるため、野菜を細かくみじん切りにしよく練ることが餃子を美味しくするポイントだと私自身思っています。慣れない人にとって、練った食材を皮に包む作業はとても大変に感じると思いますが、慣れることによって上手く包むことができるようになるので、何度も挑戦することが大切だと思います。完成した餃子を焼くことが私にとって最大の難関に感じますが、しっかりと皮に包むことができていれば、練った食材が外へ飛び出ることがあまりないため、じっくりと焼き具合を確認しながら焼くことができます。

Copyright (C)2017餃子を焼いたあとを簡単に.All rights reserved.